大和市上和田エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 桜ヶ丘校】へお任せ下さい!

menu

大和市桜ヶ丘駅エリア 実績抜群の個別指導塾 学習塾【英才個別学院 桜ヶ丘校】

🌸🌸小田急江ノ島線「桜ヶ丘」の個別指導塾【英才個別学院 桜ヶ丘校】🌸🌸

10月に入り定期テストが各校で始まる時期になりました。当教室の中高生塾生がテスト範囲の勉強に余念がありません。生徒同士が教え合う場面も随所に見られていて良いムードになっています。

さて、以前から「定期テストの過去問」をリクエストされる事が多々あります。特に保護者さんの中で「過去問信奉者」とでも例えて良い位に「早く過去問を子供に見せて下さい!!」と言われる事があります(苦笑)。

では、過去問ってそんなに大事ですか!?大学受験ではこれなくして成功(=合格)はあり得ないと言っても過言ではありません。何故ならば大学や学部毎に入学してほしい求められる学生像というものが明確にあるので、自ずと出題傾向というモノがあります。

これは実に多種多様なので過去問の傾向を掴んでそれに合った受験学習を進める事は合格戦略としては実に合理的な考えです。絶対にやるべき事なんですね。大学受験では。

一方で中・高の定期テストの過去問ですが・・・・私は結構否定的です。何故なら、特に公立中・高の定期テストは基礎基本の問題が大半であり、学校の授業をそしてテキストを授業の進行通り地道に取り組んでいれば一定の得点が上げられるようになっているからです。しかも、考えれば分かりますが、過去問と同じ問題を出すと思いますか?まず無いでしょうね。過去問と騒ぐ生徒ほど、普段の学習が全く出来ていなくて安直に答えを暗記して急場を凌ごうとするんです。

塾として「はい、分かりました。これが過去問で答えはこれ!」って絶対にしません。かと言って「過去問」を完全に無視する事もしませんのでご安心を。過去問は仕上げの段階で使うのが王道なのです。その為のプロセスというと、先ず第一に中学生であれば「学校のワーク」やプリント類・宿題を完了する事。そこで解けなかった・分からなかった問題の単元を把握してその部分の復習を徹底して行う事。塾へ行っている子の場合は「テスト対策勉強会」を目いっぱい利用する事です。中途半端な勉強会への参加は全く意味なしなので要注意!です。

「過去問」を使うのは最後の仕上げの段階使うのが正解です。高校生の場合も基本は中学生のプロセスと変わりません。分かって頂けましたか?さて当教室では過去問を保管してデータベース化しています。テスト勉強会ではそのデータを基礎にして出題範囲の演習問題プログラムを提供していますのでご安心を。

更に詳しくは☎046-279-6677  か

メール【メール】sakuragaoka@eisai.org  へお気軽にど~ぞ!

お問い合わせは下記までお願い致します
【電話番号】046-279-6677
【メール】sakuragaoka@eisai.org
:*:.+:.英才個別学院 桜ヶ丘校.:.+.:*:

 

 

 

 

 

 

 

【住所】
神奈川県大和市上和田979-1
シルバーコーポ桜ヶ丘3階
【授業時間】
※平日※
授業①:17:00~18:25
授業②:18:30~19:55
授業③:20:00~21:25
※土曜日※
授業①:14:00~15:25
授業②:15:30~16:55
授業③:17:00~18:25
授業④:18 : 30~20:00
【対象】
小学生・中学生・高校生・既卒生
【教室へのお問合せは】
更に詳しくは当教室ホームページよりお問い合わせください
【電話番号】046-279-6677

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

資料請求・無料体験はこちら 電話でのお問い合わせはこちら
英才個別学院 桜ヶ丘校 フェイスブック
英才個別学院 桜ヶ丘校 ツイッター
英才個別学院 桜ヶ丘校 YouTube チャンネル
英才個別学院 桜ヶ丘校 Google+